空気清浄に役立つスクラバーの特徴

洗浄塔システムと呼ばれることもあるスクラバーは、一般的なライフスタイルの中ではあまりなじみのない存在です。

有望なスクラバーに関する特集が満載です。

しかしながら実際には人間たちの生活には大きく関係してくる存在であり、工場や店舗などから排出されるガス等の気体から、洗浄液にて微粒子を除去して空気を綺麗にするという重要な役割を担っており、大気汚染の予防に役立っています。
そんなスクラバーですが、スクラバーといっても種類はいろいろあり、おもな種類としては4種類ほど存在しています。
それらの種類のうち溜水式は気流を洗浄液に潜らせるタイプであり、他にも加圧水式や充填塔式、回転式などがありますが、最近ではバリエーションも豊富となってきており、これらの基本的な四種類以外にも、さまざまな特徴を持ったスクラバーが登場しています。

それらの中でも特に注目度が高まってきているのが小型タイプのもので、小型タイプは大きな化学工場などで使用するよりは、さほど規模の大きくない工場や試験室、飲食店などの店舗でも導入が増加傾向にあります。



その理由として、やはり小型なので設置も簡単かつ使い勝手もよく、大型のものよりもコストも抑えられるというメリットがあるためです。



ちなみに小型タイプも含め、どのような種類のスクラバーでも高い集塵率を誇っている高性能なシステムで、種類の増加とともにコストもリーズナブルになりつつあるので、多くの企業が取り入れるようになってきています。

ただし確かに大気汚染に有効で環境改善にも役立ちますが、廃水処理の必要も生じることを忘れないようにしましょう。