スクラバーのタイプや除去方法

スクラバーは工場などで導入されている装置で、排出される有害なガスやチリなどを取り除くものです。


その形は洗浄塔とも言われることから分かるよう縦長で筒状。
すごく大きな装置です。中に縦型ではなく水平型のものあります。

水平型であれば一度にたくさんの処理をすることが可能です。


また多成分ガスも効率的に処理することができます。

スクラバーはかなり有益な情報が揃っています。

それぞれメリットとデメリットがありますから、どのような分離を行う必要があるか、場合によって使い分けてください。


ガスを取り除く方法に2種類があって、1つは中にアルカリ性あるいは酸性の洗浄液を噴霧して中和する温式、もう1つは活性炭などをフィルターに通してガスをくっつける乾式です。



こちらもそれぞれメリットとデメリットがありますから、その工場の基準に合ったものを選んでください。

なお湿式については、処理する化合物と洗浄液を接触させることによりアンモニアや塩化水素といった水溶性のガスの除去することができますし、毒性が強い水銀も取り除くことが可能です。スクラバーを使用していれば、簡単に汚れた空気が外に出ません。

安心して排気することができるということです。
注意点としてメンテナンスを行ってください。


ずっと点検していないと、その間に劣化してしまっているかもしれません。化学などの工場だけでなく飲食店でもスクラバーは使われています。



使用している焼き肉店などは環境に対する意識が高いと言えるでしょう。