スクラバーの種類について

スクラバーとは大気汚染防止装置の一つで、排出元から有毒ガスなどを除去するのが目的です。
フィルターや中和液による中和処理を行った後、大気に放出します。


化学関係の仕事が頻繁に行われる化学研究室や、化学工場などで設置されています。

スクラバー情報を集めました。

スクラバーの機種は数種類あり、湿式タイプと乾式タイプ、小型タイプの3種類に分けられています。



湿式タイプは、処理する化合物や粒子状の物質を排風機で集めて、排ガス洗浄装置で除去して大気に放出するタイプです。湿式タイプには物理吸収と化学吸収の2通りがあり、物理吸収は水に溶け込ませて除害します。

一方、化学吸収は処理する化合物に対応した反応溶液で中和反応して除害、または化学反応による分解で除害します。



酸の蒸気を発生させがちな化学施設で主に設置されています。

乾式タイプは、水洗浄ではなかなか除去できない有機溶剤や悪臭を活性炭に吸着させて除去するタイプです。

特に有機溶剤に対して効果がある方法です。

また、対象ガスに合わせて吸着材を選定でき、各種の有毒ガスを確実に除去させることが可能です。

また、吸着材がカートリッジ式であるため、容易に吸着材を交換できます。

小型タイプは少ない処理風量で、高濃度の酸とアルカリガスを除害します。

また、小型タイプはコンパクトサイズであるため、設置スペースも少なくて済みます。
このように、スクラバーには様々なタイプの機種があり、有毒ガスの除害方法も機種ごとに異なります。