歯医者では口内炎も診てくれる

###Site Name###

歯医者では、口内炎の治療も行っています。

口内炎ができてすぐに歯医者に行くというケースは少ないですが、長引いている口内炎には注意が必要です。
場合によっては、口腔がんができていたり、他の箇所のがんが転移している危険性もあるからです。

今すぐ使えるBIGLOBEニュース情報選びを親身になってアドバイスいたします。

歯医者に行くべき口内炎とは、症状が10日以上続いている、発熱を伴っている、炎症の範囲がいつもより広い、唇や口角にまで炎症が広がっている、口全体に炎症ができている、などです。

10日以上続いている、発熱を伴っている場合には、かなり重症化している可能性が高いです。

一般歯科でも診てもらえますが、より専門性が高いのは口腔外科です。


ちなみに、耳鼻咽喉科でも診てもらえます。
口内炎を予防するには、常に口の中を清潔に保つことがポイントです。口のなかは細菌や微生物が住みつきやすい環境なので、細菌やウィルス感染によって口内炎ができてしまうこともあります。
毎食後に歯を磨く、うがい薬を使ってうがいする、といった習慣をつけると良いでしょう。歯を磨く時には、歯の粘膜を傷つけてしまわないように注意しましょう。

粘膜が傷つくと、そこが細菌やウィルスの侵入口になって、口内炎を助長してしまう可能性があるからです。



通常の口内炎であれば、歯医者でレーザー治療をしてもらい、かさぶたにして治します。

レーザーを使うメリットは、治りが早くなることです。



一刻も早く治したいという人は、歯医者で口内炎治療ができないか相談してみると良いでしょう。

PAGE TOP