天然セラミドとは何か

肌の水分保持やバリア機能を高める効果のあるセラミドは、敏感肌や乾燥肌など肌体質が弱い人にとって必要な成分です。

化粧品に配合されることの多いこの成分には原料に応じて植物性やバイオ、合成などの種類に分類されます。天然セラミドもその中の一つであり、これは馬の脊髄や脳から抽出した動物由来の成分です。

アラプラスで血糖値ダウン情報が手に入ります。

化粧水での成分表示ではビオセラミドやセレブロシドと表記されることが多く、肌に浸透しやすく親和性が高い特徴を持ってます。

天然セラミドは動物性由来の為人間の角質層の細胞間脂質と近く、保湿力が優れているのが理由に挙げられます。



天然セラミドの保湿力は敏感肌やアトピー性皮膚炎の人におすすめであり、使用すると壊れた皮膚のバリア機能や肌荒れを緩和することが出来ると言われます。



しかしこのタイプのセラミドは化粧品原料としては高価であることがデメリットして挙げられ、スキンケア製品を購入する際は無理なく続けられるかよく考えて購入するのが大切です。


ちなみにセラミドは水性成分でないため、スキンケア製品に配合されると乳液あるいはクリーム状のようなドロッとしたテクスチャーが多いとされます。
もし質感や手触りがサラッとしたものはセラミド自体の配合量が少なかったり、界面活性剤が使われている可能性があります。界面活性剤は肌質が弱い人は、皮膚に負担をかけ易いものなので注意が必要です。同時に天然セラミドも必ずしも良い成分とは言えなく、肌に合わない恐れもあるのでパッチテストをしてから商品購入に至るべきでしょう。