スクラバーの仕組みと種類

category01

スクラバーはガスに含まれている有毒物質を取り除くための装置、空気の汚染を防ぐものです。

製造過程で燃焼ガスが発生する化学の工場などで導入されています。その種類は豊富ですから、規模や状況また場合に合わせて使い分けましょう。

臭いトラブルやクレームを防ぐ目的でスクラバーを導入している飲食店なども多いです。
例えば焼き肉店に設置されています。


その仕組みとしては液体を吸収液としてガスの中にある有害成分を取り込んで分離します。

塩化水素やフッ化水素も水で吸収可能です。
硫酸ガスなど酸性のガスに関しては苛性ソーダを使って吸収します。

優れた仕組みのスクラバーには2種類あります。


縦型と水平型なんですが、どのように分離したいかによってどちらが良いか判断してください。たくさん処理する必要がある場合は水平型が良いでしょう。

スクラバーの情報探しはそれほど難しくありません。

なおこの型のスクラバーを導入している所は多いです。
縦型については省スペースに設置することができ、大きな収容スペースが不要です。

途上国などの工場では技術的また資金的な理由からスクラバーを利用することができないかもしれません。
日本は先進国ですし、積極的に空気の汚染を防ぐこの装置を利用しましょう。


どの種類を選ぶか迷った時は、その製品のホームページに設置されているフォームなどから問い合わせましょう。



電話でも構いません。



担当スタッフが製品をどんな用途で使うつもりかなどを聞いた上でくわしく説明してくれます。

スクラバーのわかりやすい情報

category02

工場から出る煤塵やガスを取り除くものがスクラバーです。簡単に言うと洗浄塔システムです。...

subpage

スクラバーを身に付けよう

category02

スクラバーは工場などで導入されている装置で、排出される有害なガスやチリなどを取り除くものです。その形は洗浄塔とも言われることから分かるよう縦長で筒状。...

subpage

スクラバー関係の真実

category03

スクラバーとは大気汚染防止装置の一つで、排出元から有毒ガスなどを除去するのが目的です。フィルターや中和液による中和処理を行った後、大気に放出します。...

subpage

スクラバーの話

category04

洗浄塔システムと呼ばれることもあるスクラバーは、一般的なライフスタイルの中ではあまりなじみのない存在です。しかしながら実際には人間たちの生活には大きく関係してくる存在であり、工場や店舗などから排出されるガス等の気体から、洗浄液にて微粒子を除去して空気を綺麗にするという重要な役割を担っており、大気汚染の予防に役立っています。...

subpage